よし亭よし亭

チョコとクランベリーのフランスパン

チョコとクランベリーのフランスパン

チョコとクランベリーのフランスパン

ココア生地にチョコとクランベリーを練り込んで、ハードに焼き上げたパンです。
発酵種を使うことで、こねる回数も少なく、簡単に作れます。

チョコとクランベリーのフランスパンの材料

(30cm×2本)

お好み分量計算
★の分量を半角数字で入力してください。
g

本生地

材料 分量 ベーカーズ% お好み分量
★準強力粉(リスドォル 250 g % g
発酵種(発酵種の作り方はこちら 50 g % g
はちみつ 5 g % g
ぬるま湯(夏は冷水) 150 g % g
インスタントドライイースト 2 g % g
イースト用のぬるま湯(夏は冷水) 5 g % g
3 g % g
ココア(砂糖不使用) 5 g % g
チョコチップ 30 g % g
クランベリー 30 g % g

★がついている材料の分量を「お好み分量計算」のテキストボックスに入力(半角数字)すると、お好み分量欄が表示されます。

ボウルに準強力粉のみ入れておき、はちみつを溶いた水を用意します。

01

オートリーズ:生地をこねる前に、準強力粉とはちみつ入りの水だけを混ぜて20分置きます。こうすることで生地が落ち着き、成型しやすくなります。

02

粉っぽさが無くなるぐらい混ぜて、ラップをかけて20分置きます。

03

本捏ね:オートリーズした生地のボウルに発酵種をちぎって入れます。
塩とドライイースト用の水で溶いたドライイースト、ココア、フィリングを別に用意します。

04

ドライイースト液をボウルに入れ、全体にいきわたるように混ぜ合わせます。
続いて、ココアを入れます。

5

塩を入れてさらに混ぜます。
ある程度まとまったところでボウルから出し、数回こね台にたたきつけます。

6

こねていきます。発酵種を入れたり、オートリーズをしているので、5分程度でこねあがります。

7

生地の表面がつっぱるように丸め、とじ目を下にしてボウルに入れます。

11

一次発酵:ラップをかけて、暖かい場所で約1時間発酵させます。夏場は常温、冬場はオーブンの発酵機能(35℃)を使うと便利です。時間はあくまでも目安です。生地が2倍になるまで待ってください。

13

発酵後、軽くパンチします。
ベンチタイム:生地を2等分し、乾燥しないようにして15分休ませます。

14

打ち粉をふったこね台の上で、生地をまるめなおします。

15

ガス抜き麺棒で、生地を横20cm×縦15cm程度に伸ばします。

16

向こう側1/4を手前に折ります。

17

手前側1/4程度を向こう側に折り、少し重なるようにします。

18

全体を手のひらで軽くおさえます。

19

半分に折り、とじ目をつまんでしっかり閉じます。

20

生地を転がし、まっすぐな棒になるようにします。

21

棒状にした生地を天板に乗せます。
11~17を繰り返し、もうひとつ生地を棒状にします。

22

二次発酵:天板ごと袋に入れて、暖かい場所で1.5~2倍の大きさになるまで発酵します。夏場は常温で、冬場は袋に入れずにラップをかけて、オーブンの発酵機能(35℃)で約50分程度が目安です。

23

発酵完了のタイミングでオーブンを230℃に予熱します。

24

生地の表面が少し乾いたところで、3本クープを入れます。

25

オーブンを210℃に下げ、25分焼いて完成です。

ケーキクーラーなどで冷まします。

27

材料について

▼富沢商店(楽天市場店)で準強力粉を購入できます


PAGETOP