よし亭よし亭

チャバタ(自家製酵母)

チャバタ(自家製酵母)

チャバタ(自家製酵母)

チャバタはイタリア語で「スリッパ」や「中敷き」という意味です。大きな気泡が入るように生地を仕込み、切りっぱなしで焼き上げます。

チャバタ(自家製酵母)の材料

(4本)

お好み分量計算
★の分量を半角数字で入力してください。
g

生地

材料 分量 ベーカーズ% お好み分量
★準強力粉(タイプER 200 g % g
元種 80 g % g
ぬるま湯(夏場は冷水) 120 g % g
5 g % g

★がついている材料の分量を「お好み分量計算」のテキストボックスに入力(半角数字)すると、お好み分量欄が表示されます。

ボウルに準強力粉・元種を用意します。
水・塩は別に用意しておきます。

ボウルに準強力粉・元種を用意します。 水・塩は別に用意しておきます。

水を9割入れ、菜箸やスプーンで混ぜます。

水を9割入れ、菜箸やスプーンで混ぜます。

生地の状態を見ながら水を追加します。
ひとまとめになったところで台に出します。

生地の状態を見ながら水を追加します。ひとまとめになったところで台に出します。

生地の端をつかんで、台に打ち付けます。約2分繰り返します。

生地の端をつかんで、台に打ち付けます。約2分繰り返します。

生地を台に押し伸ばすようにして捏ねます。約6分繰り返します。
※かなりべたつきます。

生地を台に押し伸ばすようにして捏ねます。約6分繰り返します。

塩を加え、少し弾力が出るまで約3分捏ねます。

丸めて閉じ目を下にして、ボウルに入れます。

丸めて閉じ目を下にして、ボウルに入れます。

【一次発酵】ラップをかけて約2~3倍になるまで暖かい場所で発酵させます。(夏場はおおよそ6時間、冬場は8時間程度かかります。)

【一次発酵】ラップをかけて約2~3倍になるまで暖かい場所で発酵させます。(夏場はおおよそ6時間、冬場は8時間程度かかります。)

インスタントドライイーストを使った一次発酵よりも大きく発酵させるのがポイントです。

インスタントドライイーストを使った一次発酵よりも大きく発酵させるのがポイントです。

台に打ち粉をして、生地を取り出し優しく長方形に広げます。

台に打ち粉をして、生地を取り出し優しく長方形に広げます。

三つ折りにします。

三つ折りにします。

ベンチタイム:乾燥しないようにして、15分置きます。

ベンチタイム:乾燥しないようにして、15分置きます。

4つに分割します。切れ目を触らないようにします。

4つに分割します。切れ目を触らないようにします。

オーブンシートを敷いた天板に、切れ目が上下になるように置きます。

オーブンシートを敷いた天板に、切れ目が上下になるように置きます。

二次発酵:袋をかぶせて約1.5倍の大きさになるまで発酵させます。

二次発酵:袋をかぶせて約1.5倍の大きさになるまで発酵させます。

オーブンを220℃に予熱します。
生地の上下を引っ張って、伸ばします。

オーブンを220℃に予熱します。 生地の上下を引っ張って、伸ばします。

220℃のオーブンで15分焼きます。
ケーキクーラーなどに乗せて粗熱を取ります。

220℃のオーブンで15分焼きます。 ケーキクーラーなどに乗せて粗熱を取ります。

スライスして、サンドイッチやパニーニにしてお召し上がりください。

スライスして、サンドイッチやパニーニにしてお召し上がりください。

PAGETOP