よし亭よし亭

ジェノベーゼパン

ジェノバソースを使った丸パン

ジェノベーゼパン

ジェノバソースは意外と日持ちしないので、使いきれないときはいつもこのパンを作ります。準強力粉を使っているので、外はカリっと、中はモチっとしたパンに仕上がります。

ジェノベーゼパンの材料

(8個)

お好み分量計算
★の分量を半角数字で入力してください。
g

生地

材料 分量 ベーカーズ% お好み分量
★準強力粉(リスドォル 200 g % g
インスタントドライイースト 2.5 g % g
砂糖 10 g % g
2 g % g
ぬるま湯(夏は冷水) 135 g % g
ジェノバソース 20 g % g

★がついている材料の分量を「お好み分量計算」のテキストボックスに入力(半角数字)すると、お好み分量欄が表示されます。

今回はこちらのジェノバソースを使用しています。どんなものでもOKです。

01

ボウルに強力粉・ドライイースト・砂糖・塩を入れておきます。
ジェノバソース、ぬるま湯はそれぞれ別に用意しておきます。

02

ドライイーストめがけて水を9割入れ、スプーンや菜箸で混ぜます。

03

生地の状態を見ながら水を足し、さらに混ぜます。ひとまとまりになったところでボウルから出します。

04

生地をつかんでは台に叩きつける、を3分程度繰り返します。

05

5分ぐらい台にこすり付けるように捏ねます。
表面がつるっとしたところでジェノバソースを混ぜます。

06

せっかくまとまった生地がバラバラになりますが、表面のテカリが消え、しっとりするまで約3分程度捏ねます。

07

一次発酵:生地の表面がつっぱるように丸め、とじ目を下にしてボウルに入れます。ラップをかけて、暖かい場所で約1時間発酵させます。夏場は常温、冬場はオーブンの発酵機能(35℃)を使うと便利です。時間はあくまでも目安です。生地が2倍になるまで待ってください。

08

生地が約2倍になれば発酵完了です。

09

ベンチタイム:生地を軽く押してガスを抜き、まるめ直し、乾燥しないようにして15分休ませます。

10

生地を計量します。

11

計量した生地が8等分になるよう、再計量します。

12

分割した生地を丸めて、とじ目をしっかり閉じます。
オーブンシートをしいた天板に隙間を開けて並べます。

13

二次発酵:袋をかぶせて、暖かい場所で約2倍になるまで発酵します。(約50分)

14

二次発酵が終わったところで、オーブンを190℃に予熱します。

15

生地の表面が少し乾いたところでクープを入れます。

16

予熱が完了する直前に生地に2・3回霧吹きします。

17

190℃で12分焼きます。

18

ケーキクーラーに移して冷まします。

19

材料について

▼富沢商店(楽天市場店)で準強力粉を購入できます


PAGETOP